デジタルでちょっと先の面白く、を考える情報マガジン『DIP

DIP Digital Innovation People

お問い合わせ

スイッチ

若手エンジニア必見!スキル、キャリアの悩みを大調査

自分のキャリアパスやスキルアップなど、将来に向けて考え、行動しなくてはならないのに、なんとなく後回しにしてしまっていませんか? 就活のときはあれだけしっかりと自分自身に向き合ってきたのに、社会人になると目の前の仕事に忙殺されて、なかなか自分を客観的に見つめ直す時間を作れていないのではないでしょうか。

そんなあなたのために、同じようにキャリアやスキルアップに悩む若手のエンジニアに緊急アンケートを実施しました。ほかのみんなの悩みや行動を知ることで、あなた自身の今後を考えるヒントとしてみてはいかがでしょうか?

【アンケート概要】

回答数…500件
従業員規模…10人以下:9.0%/11~100人:25.0%/101~300人:16.8%/301~500人:8.4%/
       501~1000人9.6%/1001~3000人:11.8%/3001人以上:19.4%
調査対象:独自パネルによるインターネット調査
期間:2016年4月13日~2016年4月16日

若手エンジニアが抱える“将来の悩み”TOP3はこれだ!

変化が激しい時代だからこそ、自分の将来が気になるものです。若手エンジニアが抱える将来の悩みTOP3は、以下の通りでした。(※3つまでの複数回答可)

4-r01.png

  1. 技術力に自信がない……33.2%
  2. 今のままでは年収が上がらない……29.6%
  3. 今の会社の将来性が不安……25.2%

トップの「技術力に自信がない」というのは、技術力が市場価値に直結する、エンジニアらしい回答でしょう。技術力に不安があるからこそ、2位にランクインした「今のままでは年収が上がらない」という悩みにつながるのかも知れません。また自分が所属する会社の将来に対して、不安な声も多く寄せられています。総じて、技術力に対する不安から、今後も年収が十分に上がらないのではないか、もし会社に何かあったら(他の会社で)自分は生き残れないのではないか、という悩みを抱えている若手エンジニアの姿が浮かび上がってきました。

長期的なキャリアアップのために“今”やっていること、心掛けていること

では、若手エンジニアたちは、彼らが抱える将来への不安に打ち勝つために、今どんな行動をしているのでしょうか。(※3つまでの複数回答可)

4-r02.png

  1. 特にない……40.2%
  2. 資格取得のために勉強している……22.0%
  3. 自分にとって役に立ちそうな書籍を読んでいる……21.8%

4割の人が「特にない」という回答でした。将来への不安を持ちつつも、何から始めていいのか分からない、何かを始めてみても続かない、という若手エンジニアが多いようです。実際に行動を起こしているエンジニアたちは、資格取得をしてみたり、本を読んだりしているそうです。

4-r03.png

「あなたはスキルやキャリアに関して、月にどれくらいの投資をしていますか」という質問においても、0~3000円が66.8%なのに対し、3001円~5000円となると回答率は13.0%にがくんと落ちます。投資額の大きさがものをいう訳ではありませんが、お金を積極的に使って学ぶ人はかなりの少数派のようです。

クロス集計から見える、若手エンジニアの具体的な姿

属性を限定して分析するクロス集計の結果からは、若手エンジニアのさらに詳細な姿が浮き彫りになりました。

4-r04.png

4-r05.png

まず20代よりも30代の方が「キャリアパスが詰まっている」と答える率が3倍以上も増加しています。20代のうちはキャリアに対する不安が少ないようですが、いざ30代に入ると現実問題に直面するエンジニアが多いようです。また自身が持つ技術力への不安は、男性よりも女性の方が大きいようでした。

まとめ

以上で見てきたように、若手エンジニアたちは「技術力への不安」を発端とする「年収が上がりそうもない」「会社がどうなるか分からない=会社に何かあったら生き残れそうにない」という不安にさいなまれる一方、具体的なアクションを起こしている人はあまり多くないようです。20代のうちは楽観的に構えていられても、30代に入るとキャリアに対する不安も大きくなるようです。

周りがアクションを起こしていないからこそ、自分が行動を起こせばライバルに大きな差をつけることができるかも知れません。本メディアでも取り上げた「1万時間の努力を実現するための『意志力』を育てる方法」なども参考にしながら、日々着実に行動を積み上げてみてはいかがでしょうか。

関連記事

無料メルマガに登録して最新情報を受け取ろう