デジタルでちょっと先の面白く、を考える情報マガジン『DIP

DIP Digital Innovation People

お問い合わせ

ひと

文系出身者必見 文系エンジニアの戦い方

エンジニアといえば、大学で理系を専攻していた人たちが輝かしく活躍する職種のひとつ、というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。文系の専攻だった方からすると、肩身の狭さすら覚えるかも知れません。しかし、「彼を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず」、という言葉のとおり、敵=仕事の性質をよく見極め、自分の特性を把握することで、文系の方こそエンジニアとして活躍することができるかも知れません。文系エンジニアのための職場の戦い抜き方を、みていきましょう。

技術面以外でのバリューの発揮の仕方

理系出身者がエンジニア職に有利というイメージは、エンジニアの仕事の技術的な側面と理系学問との関連性の深さから生まれてきたと考えられます。大学における理系学問の勉強によって、エンジニアに求められる技術的知識を理解する下地が鍛えられた、もしくは技術的知識そのものを大学で学ぶことでスタート地点から有利に立っている、というのが背景にあるのでしょう。

しかし、そもそも仕事のすべての時間のうち、いわゆる理系っぽさを発揮する技術的な仕事の時間はどれくらいあるのでしょうか。エンジニアは図面を引いたり、プログラミングをしたりといった技術的な仕事ばかりに目がいきますが、日々の仕事はそれだけではありません。チーム内でのミーティングは頻繁に開かれますし、時には別の部署とのコラボレーションや、クライアントへのプレゼンテーションをすることもあります。今のご時世、エンジニアといえど海外拠点とのやり取りも当たり前になってきており、語学力が武器になる場面も増えています。こういった仕事では、文理問わず、むしろ理系よりも文系の方の方が得意な仕事もあるのではないでしょうか。技術的な仕事に苦手意識を抱えている文系エンジニアの方は、技術的な仕事以外で自分の強みを活かせるポイントを探すことで、仕事のパフォーマンスを高めることができるかも知れません。

技術面における文系ならではのバリュー発揮方法

技術面以外での仕事ももちろん重要ですが、やはりエンジニアとして活躍するためには、エンジニアらしい仕事でも成果を上げることが重要になります(ややこしい言い方ですが)。理系出身者がエンジニアに求められる技術的知識と親和性の高い勉強をしてきたことは事実であり、エンジニアらしい仕事においては文系出身者が力を発揮するのは難しいのでは……と、弱気になることはありません。技術的な仕事においても、文系出身者ならではの特徴をうまく利用すれば、高いパフォーマンスを上げることができるかも知れません。

「InnoCentive.com」という問題解決のクラウドソーシングサイトをご存じでしょうか。このサイト上では、企業が自社の抱える問題を投稿し、サイト上のユーザーたちがおのおのの考える解決案を提案することができます。投稿された解決案の中から企業がもっともすぐれた解決策を採用すると、解決案を考えたユーザーに報奨金が支払われる、という仕組みになっています。P&Gやデュポンなど、世界の名だたる企業も実際に本サービスを利用しており、問題の解決者たちは日々自分たちのアイデアを競っています。それほどの大企業の難解な問題を解く解決者は、さぞその道のエキスパートだろう……と思われるかも知れませんが、ボッコーニ大学のラーズ・イェペッセンとカリム・ラカーニによる別の研究によると、問題に関連する専門分野ではない人が難題を解いてしまう傾向があることがわかりました。

大学時代から一貫して技術畑を歩むことのメリットはもちろんありますが、InnoCentive.comの事例のように専門外の人の方が、新たな視点で問題や仕事に取り組むことができるために、新しい解決策や効率的な仕事の方法を編み出しやすいかも知れません。文系エンジニアは、専門外だからこそ何ができるかを考えることにより、理系エンジニアよりも高い成果を出すことができるようになるでしょう。

ぜひあなたも、文系としての強みをどのように活かせばいいのか考えてみてください。

参考文献:

関連記事

無料メルマガに登録して最新情報を受け取ろう