デジタルでちょっと先の面白く、を考える情報マガジン『DIP

DIP Digital Innovation People

お問い合わせ

ひと

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャー、あなたの未来はどっち?

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャー、この違いを明確に説明できるIT技術者はどれくらいいるでしょうか。横文字で、PMと略され、言葉の響きもよく似たこれらの職種ですが、担う役割が大きく異なり、求められる適性やスキルも異なります。将来は大きな仕事をしてみたいとぼんやり思っている若手技術者の方には、プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーの違いと自分の適性とを照らし合わせることによって、将来進むべきキャリアへのヒントになるかも知れません。

プロジェクトマネージャーの仕事とは

このふたつのうち、IT技術者にとってより身近なのはプロジェクトマネージャーでしょう。プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの計画および実行において、総合的な責任を負う職務のことを指します。ありていに言ってしまえば、プロジェクト内で一番えらい人です。プロジェクトには進行に悪影響を及ぼすさまざまな形のリスクが潜んでおり、プロジェクトマネージャーは体系的知識と、時には自身の経験も使ってリスクの回避やリスクの低減を図りながら、プロジェクトを無事に完了させることが責務となります。

プロダクトマネージャーの仕事とは

これに対してプロダクトマネージャーとは、特定プロダクトの開発・広告・販売・流通などプロダクトライフサイクル全般を管理する職種のことを指します。幅広い分野を一手に引き受ける仕事であるため、それぞれに対する深い見識が必要ですし、社内外との折衝もこなすだけの人脈やコミュニケーション力も求められます。社運を賭けるようなプロダクトのプロダクトマネージャーともなれば、ある意味社長職よりも重い責務が課されます。

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーの一番の違い

では実際に、これらふたつの職務に求められることの一番の違いは何なのでしょうか。プロジェクトの最初の起こりを考えてみてください。プロジェクトが始まる際には、いつも何かしらの目的がどこかから降ってわいてきて、それに対して最もリスクが少なく、コストが少ないやり方で完了するためにはどうするか、という観点でプロジェクトが計画されます。つまり、「何をするのか」を明確にし、「どうやって」完了するのかが最大の関心事になります。

これに対してプロダクトマネージャーは、「なぜ」このプロダクトを作るのか、といった観点から仕事がスタートします。プロダクトを世の中に送りだすからには、何かしらの理由が必要です。プロダクトを生み出す理由を明確にし、どんなプロダクトであればその生み出す理由を達成できるか、といったことを考えます。ここから先は、プロジェクトマネージャーと同様、「何をするのか」を明確にし、「どうやって」実行するかを考えていきます。

つまり、プロジェクトマネージャーの仕事の領域が、すでに誰かが作った達成目標に対して何をどのように行うべきかを考えるのに対し、プロダクトマネージャーの仕事は達成目標そのものから考える、という違いがあるのです。

どちらがよりあなたにとって魅力的な仕事か

当然の話ですが、プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャー、どちらが上でどちらが下ということはありません。どちらも企業活動にとって同じくらい大切で、大変なことでもあり、またやり抜く喜びがあります。

プロジェクトマネージャーの仕事としては、PMBOKのようにある程度体系化されたプロジェクトマネジメントのノウハウ集というのが存在するため、仕事の進め方が比較的システマティックという特徴があります。これに対しプロダクトマネージャーは「なぜこのプロダクトを作りたいのか」という点から議論を重ねていくため、会社の存在意義や理念、社員の想いといった、よく言えば人間らしい、悪く言えば抽象的な部分を扱う必要があります。どちらの仕事の性質がよりあなたに合っているかによって、目指すべき姿が大きく変わってくるでしょう。

参考文献

関連記事

無料メルマガに登録して最新情報を受け取ろう